ヴィエルホワイト 店舗

スキンケア記事一覧

日々のお風呂に欠かせないボディソープは、肌への負荷がそれほどないものを選定しましょう。泡をたくさん立ててから撫で回すようにやんわりと洗浄することを意識してください。大量の泡で肌を穏やかに撫で回すイメージで洗い上げるというのが正しい洗顔方法です。化粧汚れがなかなか落とせないということで、力に頼ってしまうのは絶対やめましょう。いつまでもツヤのある美肌を保ちたいと思っているなら、日々食生活や睡眠を重視し...

「10〜20代の頃は何も手入れしなくても、当然のように肌が潤っていた」という女性でも、年齢を重ねるにつれて肌の保湿能力が下降してしまい、やがて乾燥肌になってしまうおそれがあります。美白肌になりたいのであれば、日頃使っているスキンケア用品を変えるだけではなく、時を同じくして体の内側からも食事やサプリメントを通して影響を与え続けることが大事です。敏感肌が影響して肌荒れが生じていると思っている人が多いみ...

「ニキビが気になるから」という理由で余分な皮脂を取り除いてしまおうと、一日の内に5回も6回も洗浄するという行為は厳禁です。度を超して洗顔しすぎると、かえって皮脂の分泌量が増加してしまうからです。大変な乾燥肌で、「大したことのない刺激であろうとも肌トラブルを起こしてしまう」という状態の人は、それだけを対象に製造された敏感肌向けの負担が掛からないコスメを選ばなければなりません。敏感肌だとおっしゃる方は...

「顔がカサついてつっぱってしまう」、「せっかく化粧したのにたちどころに崩れてしまう」などの悩みを抱える乾燥肌の人の場合、スキンケア用品と日常の洗顔方法の見直しや改善が求められます。個人差はあるものの、人によっては30歳を超える頃からシミの問題を抱えるようになります。小さなシミはメークで覆い隠すという手もありますが、あこがれの美肌を目指すのであれば、早期からお手入れを始めましょう。「これまでは特に気...

体を洗う時は、専用のスポンジで何も考えずに擦ると肌を傷める可能性があるので、ボディソープを十二分に泡立てて、手のひらを使用して愛情を込めて洗うべきです。ボディソープをセレクトする際は、再優先で成分を見極めることが重要です。合成界面活性剤を筆頭に、肌にマイナスとなる成分を含有している製品は使わない方が後悔しないでしょう。どんどん年をとって行っても、普遍的に美しく華やいだ人でいられるか否かの鍵は肌の健...

「肌がカサついて不快感がある」、「時間を費やしてメイクしたのに長持ちしない」というような乾燥肌の女性の場合、スキンケアアイテムと洗顔の手順の根本的な見直しが即刻必要だと思います。毛穴の黒ずみと言いますのは、しかるべき手入れを行わないと、あっと言う間に悪くなっていきます。メイクでカバーするのではなく、正しいお手入れをして赤ちゃんのようなプルプル肌を目指しましょう。肌がナイーブな人は、どうってことのな...

美白ケア用の基礎化粧品は無茶な方法で使うと、肌を傷つけてしまう懸念があります。化粧品を使う前は、どんな特徴をもつ成分がどのくらい加えられているのかを入念にチェックした方が賢明です。「若い時代から愛煙家である」という方は、美白効果のあるビタミンCがどんどん失われていくため、タバコをまったく吸わない人と比較して大量のシミができてしまうというわけです。生理日が近くなると、ホルモンバランスの乱れによりニキ...

同じアラフィフの方でも、40歳前半に見えるという人は、人一倍肌がつややかです。みずみずしさと透明感のある肌が特長で、しかもシミもないから驚きです。皮膚がカサつく乾燥肌は体質に起因しているところが大きいので、保湿に気を遣ってもちょっとの間改善するばかりで、根本からの解決にはならないのが厄介な点です。体の内側から体質を良くしていくことが必要です。皮脂の多量分泌のみがニキビの要因ではありません。過度のス...

肌がセンシティブな人は、些細な刺激がトラブルになる可能性があります。敏感肌用の刺激の少ない日焼け止めクリームなどを利用して、代用がきかないお肌を紫外線から守るようにしてください。カサつきや炎症などの肌荒れは生活スタイルが健全とは言えないことが原因であることが大半です。常習的な睡眠不足やストレス過多、食生活の悪化が続けば、どのような人でも肌トラブルが発生するので要注意です。大変な乾燥肌で、「少々の刺...

腸の状態を改善すると、体の中の老廃物が体外に排泄されて、知らない間に美肌に近づくことができます。美しく弾力のある肌に近づくためには、ライフスタイルの見直しが不可欠と言えます。肌の汚れを落とす洗顔はスキンケアの軸になるものですが、正しい洗顔方法を知らない方も意外と多いと言われています。肌質に合わせた洗顔のやり方を把握しておくと良いでしょう。同じ50代という年齢層でも、40代の前半に見間違われるという...

page top